Menu

銀相場とどのように向きあう?

みなさんは、銀相場とどのように向きあっていらっしゃるでしょうか。LBMAというのはロンドン貴金属市場協会のことです。金や銀の現物(地金)取引が中心で行われています。

銀価格は、1トロイオンス当たりのドル建てで表現されています。

トロイオンス(oz tr、oz t、ozt)と言ったものは、貴金属に使用される単位で、 単にオンス(oz)も使われ、1オンス:約31.1グラムです。

GREEBERで銀相場をチェック

銀価格の2つの山

LBMA: ロンドン貴金属市場協会での1968年1月以降のLBMA銀価格の推移は2つの山があり、ひとつ目の山は、 1980年1月18日の49.45ドルがピークとなっています。

1979年2月にイラン革命が起きて、原油価格の急騰が起きています。

それに対して、銀相場は、 1979年9月あたりまで非常に緩やかな感じです。

しかし、そこに、石油事業で財を築いたハント兄弟が目をつけ、銀先物市場で大量の買い建てを行うことになります。

そのような事態によって、銀相場もここで急騰を見せることになります。

そもそも銀相場というものは、もともと市場は小さいと言っていいでしょう。ですから、大規模な投機資金の流入があれば、相場は大きく上昇してしまうことがあります。

しかし、 取引所の証拠金引き上げなどの規制強化という事態が起き、 ハント兄弟はそのまま買いポジションを持続し維持することが出来なくなってしまうことになります。結果、銀相場は、急落してしまうことに。

銀相場が暴落してしまった1980年3月27日を、 「銀の木曜日(シルバー・サーズデー)」という言い方をします。

ウォーレン・バフェットの銀買い占め

次に、ウォーレン・バフェットの銀買い占めがあります。 1996年のことです。

ウォーレン・バフェットと言えば誰もが知る名が知れた投資家です。

彼はバークシャー・ハサウェイの会長兼CEOです。彼は、 1996年に、当時の世界の年間銀供給量おおよそ20%の1億2900万オンス(約4000トン)の銀を買い占めを行います。

しかし、実際にそのときの銀相場は、 極々限定的なものに留まっていました。

欧州債務危機・QE2などによる銀価格高騰

実際に銀相場の2つ目の山には、欧州債務危機の問題などが絡んで来ます。

欧州債務危機の事態は、2009年10月のギリシャ政権交代が発端となり、財政赤字の粉飾が明確化されたことからスタートします。

2008年から2011年にかけては、太陽電池向けの銀需要熱が高まり、銀に対して関心を持つ人たちが急増しました。

2011年4月25日に銀先物価格は、一時49.8ドルの高値をつけることになります。

新着記事