Menu

金相場上昇の要因について知る

金買取をしてもらう時にも「金相場」について知ることはとても大事なことです。

金の価値は果たしてどのようにして決められていくのでしょうか。いろいろ知らなければならないノウハウがあります。

ゴールド相場のメカニズム

金市場として、確固たる世界4大市場と呼ばれる「ニューヨー
ク」、「ロンドン」、「チューリッヒ」、「香港市場」の存在があります。

金相場と言えば、世界4大市場と呼ばれるニューヨーク、ロンドン、チューリッヒ、香港市場を抜きにして語ることは出来ないでしょう。

更に、インドや上海、日本にも、ゴールドの市場があり、これら複数の市場によってゴールドの相場が作られることになります。

それぞれの市場がお互いに絡みあって、影響を与えあうことで、金の相場は作られることになります。

為替動向と金相場の関係

更に、金の相場は、為替の影響を大きく受けることになります。金の国際価格は米ドル表記で、為替の動きにより相場も変動していきます。

日本においての金の価格は、金の国際価格に対して、為替レートや手数料と言ったコストを加算し計算が行われていきます。

日本の金相場についてクローズアップすれば、円高傾向が続けば、金の人気はアップし、価格が上がる傾向があります。

金相場を動かす要因&上昇するタイミング

更に、金相場を動かす要因&上昇するタイミングについて考えてみましょう。

金の取引価格は、毎日変動するものです。影響しあう要因も様々あります。

何が原因で変動するかということがわかれば、金の相場の上昇するタイミングと言ったものも段々と見えてくるのではないでしょうか。

ゴールドの供給量が減少してしまえば、ゴールドの希少価値はどんどんアップしていきます。

実際には金は自由にとれるということではなく限界があり、産出量もそれ程多いということではありません。

経済政策として金融緩和などが行われるなどして、インフレ状態が続くことで、金相場は上昇する傾向があるとも言っていいでしょう。

国の通貨の価値が下がり、実物資産である金の価値がアップすることになります。

更に、情勢不安や金融不安という事態が起これば、通貨に対しての信用度が損なわれてしまうことでしょう。

情勢不安の高まりによって、金相場に注目する人たちが増加して、金相場が高くなる傾向があります。

更にサブプライムローンやリーマンショックなどが起きたとき、実際に金相場は上昇しています。

新着記事