Menu

金相場の作られ方

金相場は、果たしてどのように決定付けられていくのでしょうか。金の価格が現在でも高騰し続けています。まさに、先物取引や資産運用としてもゴールドに注目している方々が大変多くいます。

先物取引や資産運用としてゴールドを活用するためにも、もっと金について深く知ることも大事ではないでしょうか。

ゴールドの相場

ゴールドの相場は、世界中での政治や経済、社会情勢などによって大きく変動していきます。

更に、金自体の需要・供給の量によっても、相場は揺れ動きます。

ゴールドは、世界の至るところで価値が存在しているものとして積極的に取引が行われています。また、アメリカのニューヨーク、イギリスのロンドン、スイスのチューリッヒ、中国の香港の4つの都市が世界四大市場と呼ばれています。そこは金の市場としてなくてはならない存在です。
中でもロンドンで決定された相場は世界中に影響を与えると言われ続けています。

日本では、東京工業品取引所で取引が積極的に行われています。

実際に、株式など投資に注目している方々も多くいらっしゃることでしょう。株式はそれ自体に価値というものがそなわっている訳ではありません。発行元の実績や信頼などに基づいて価値が決まることになり、そのような意味では直接的でない不安要素を抱えてしまっているものです。

しかし、金というものは実際に相場の変動はともなうものですが、その価値自体がゼロになることのない実物資産であることに対しての安心感もあるのではないでしょうか。ですからゴールドに関心を持っている多くの人たちがおり、積極的に毎日、それぞれの市場と向きあっています。

ゴールドの算出方法

ゴールドの一般的単位は、g=グラムではなく「トロイオンス」という単位を使用します。 1トロイオンスは31.1035グラムです。

1トロイオンスあたりの価格)× 31.1035 × (ドル円為替相場)プラス諸経費で、1gあたりの価格を産出することが出来ます。

これに対して消費税がプラスαかかり、最終的な価格となります。

日本でのゴールドの価格は、米ドル建てで提示した価格に対して円建てに換算し算出し、円のドルの為替相場が影響してきます。

諸々ある経費は販売している会社によって違いがあります。それによってゴールド買取ショップの価格の違いも生まれて来ます。

より高いゴールドを高く買取して欲しいと思っている方々は、諸々の経費があまりかからない業者を選ぶのもポイントのひとつです。

新着記事