Menu

金相場の上昇の理由は……?

金相場はいろいろな要因で上昇していきます。

金買取をして欲しいと思ったとき、そのようなことまでいちいちチェックする必要があるのではないでしょうか。

グリーバーで金相場をチェックしよう

供給不足

金相場は、金の供給量によっても作られると言っていいでしょう。

金の供給量が減ってしまえば金の希少性は高くなって、金の価格もアップしています。

金は、実際に自由に採ることが出来るものではなく、産出量にも限界があります。

需要がさらに高まれば金の価格はよりアップしていくことでしょう。

インフレ

更に、ゴールドの相場は、インフレによっても影響を受けることになります。

経済政策として金融緩和などが行われ、インフレがどんどん進行してしまうことで、金相場は上昇しやすくなります。

国の通貨がどんどん信用されない傾向が高まって行けば、多くの人たちが注目するのは、実物資産です。

多くが直接的である金に対して関心を抱くようにになります。

情勢不安や金融不安

更に国際情勢が悪化するなど状況が起これば、国の信用が失われ、株式市場がまたまた停滞してしまうことになり、通貨が全く信用されなくなる危機を迎えてしまうことになります。

このような時でも、やっぱり多くの人たちが金のほうが信用出来る思いを抱いてしまうものです。

金融不安に陥った時も金相場は大きな影響を受けることになります。

サブプライムローン、リーマンショックなどが起きた時にも実際には、金相場は上昇しています。

株式市場の停滞

株式市場の停滞によっても、金相場は変動することになります。株安が続くと金の価格はアップします。

とにかく、金は株式とも相対性の関係をもち、株式に投資されるはずであった資金がゴールドに流れるということがあります。

為替相場

更に、金は海外から輸入されるので、より為替の影響も強く受けることになります。

為替相場が動いて円高ドル安になったりすれば、円建ての金の価格はアップすることでしょう。

金利

更に金相場を動かす要因は金利です。金は資産として利子や配当がないということを特徴としてあげることが出来ます。

銀行預金や国債は金利が高くなるとどんどんそちらに向きあう人たちが増えてしまうことでしょう。しかし、一旦低下してしまえば、そちらに見切りをつけて金に注目する人たちが増え、金の相場がアップすることになります。

更に実際には、スマートフォンやパソコンにも金が含まれていて、そのようなものを使用する人たちが増えれば金が不足し、より金の相場が上昇していくことでしょう。

新着記事