Menu

中古ジュエリー市場 中古バッグと比較

中古バッグ市場と比較したら、中古ジュエリー市場は特別なものと言っていいでしょう。なぜなら、ジュエリーという存在は、いつの時代でも守られるべき存在だからです。

それは、海外同様に日本においてもです。

そして、ジュエリーに対しては、中古ジュエリーにも大きな関心が集まっています。USED(中古)ジュエリー市場も、活発なのが特徴です。

中古ジュエリーのメリット

以前なら中古という言い方しかしなかったでしょうけど、現在では、 「リサイクル」や「ユーズド」、「リユース」と言ったいろいろな言い方がされています。

そして、中古市場と言えば、以前は質屋のことだったのでしょうけど、 「ジュエリー買取店」「リサイクルショップ」と言った様々な選択肢を私達は持つことが出来るようになりました。

お金を作るために質草として預け、期間内に引き取れないで致し方なく流すというのが、昔の発想だったのかもしれないですが、現在では、市場は不要なものを売却するために存在し、需要と供給のバランスがしっかり整っています。

ジュエリーに対しては、中古という概念を嫌っている人たちがいない訳ではありません。そもそも、石には念が宿るという言われ方があり、バッグとはそのような意味でも違うものという認識があります。

しかし、まさに、ジュエリー市場が確立する程、売るための概念は変わって来たということが出来ます。まさに、売り手は、中古ジュエリー市場において、 次のオーナーを探す時代となったともいうことが出来ます。

中古市場のメリット

これはバッグ市場にも共通することですが、中古市場には、中古市場としての大きなメリットがあります。何よりもリーズナブルな価格で購入出来る点です。

中古ジュエリーなら、新品よりも30~50%程度の価格で購入することが出来るでしょう。なかなか手が出にくい高額なジュエリーも中古であれば、なんとか手に入れることが出来るかもしれません。

そして、お気に入りで購入したジュエリーも年齢を重ねると自分にはあまりマッチしないと感じるかもしれないですよね。そのようなとき、売却という意識が少なからず生まれるのではないでしょうか。

新品で購入したジュエリーなら、そのまま大事にタンスに保管したままになってしまうかもしれません。

やっぱり、中古ジュエリー市場が活発だから、買取に対しても多くの人たちが柔軟性な気持ちを持つことが出来ます。

新着記事