Menu

レッドベリルの特徴と価値

みなさんは、レッドベリルという宝石をご存じでしょうか。レッドベリルは、まさにダイヤモンド以上と評価している人たちも多くいます。

果たして、レッドベリルという宝石にはどのような特徴と価値があるのか見てみましょう。

レッドベリルの特徴と価値

レッドベリルは、アメリカのごく一部でしか産出されていないため、非常に希少性のある宝石と見られています。

レッドベリルは、赤い宝石です。しかし、ルビーとはまた違う色合いを持ち、宝石コレクターからは現在大変注目されています。

レッドベリルとは、ベリリウムを含んだ六角柱状の珪酸塩鉱物です。最初にメイナード・ビクスビーがこの石を見つけたから、ビクスバイトという名前がついたと言われています。ビクスバイトとも呼ばれる緑柱石の一種であるのがレッドベリルです。

1912年に、アメリカのワーワーマウンテンというエリアで宝石質のものが発見されることになります。そのとき、ワーワーマウンテンでの採掘権を持っているレックス・ハリスが、ビクスバイトという名前が既に鉱物の名前として使われているビクスビアイトと似てしまっているため、赤い色をした緑柱石という特徴から「レッドベリル」という宝石の名前をつけたと言われています。

レッドベリルの価値

レッドベリルは、ベリリウムをキー元素とし、鮮やかなグリーン色のエメラルドと似ていることは似ています。ベリルは無色透明ということになりますが、結晶内には違った金属元素が混入することでいろいろなカラーバリエーションが生まれることになります。

クロムが入った場合はエメラルドグリーンとなってしまうことになります。そしてマンガンが入る場合にはレッドベリルという宝石が完成します。

淡いピンク色では、モルガナイトとなり同じくマンガンです。緑色のエメラルドや水色をしているアクアマリン、黄色のヘリオドールなども同じ鉱物の宝石として注目されています。

レッドベリルという宝石には、希少性があり、高い価値が存在しています。レッドベリルは、産出される鉱山がアメリカユタ州のみというので、今後もどんどん注目度の高い宝石になっていくことは必然です。

この鉱山は現在は閉山し、今後、レッドベリルという宝石が産出されることも私達は全く期待することが出来ません。

日本の方々が、レッドベリルという宝石についてあまり知らないのも、レッドベリルという宝石があまりにも希少性が存在しているからではないでしょうか。

新着記事